« 猛暑?激暑? と からだ | トップページ | 水風井上六 »

14. 火天大有

2013/10/18(金)

   20131009sky_2 10/16、台風の去った午後


ご無沙汰しました。暑い夏で、暑さをどう乗り切るかが仕事のようになってしまい、何もやる気が起こりませんでした。9月に入って、口内炎やら軽い風邪やらひき、体調が悪いと、体力のない私はまた何もやる気になれず、やっとこの頃少し元気になってきた模様です。


最近、空を見上げることが何故か多くなりました。写真に撮っておきたいような美しい空や雲に出会うのですが、生憎カメラを持っていない。そこでできるだけカメラを持ち歩くようにしようと決めました。

メールマガジンも滞ってしまいました。最近はご紹介するほどの占例があまりみあたらないので、これも途中で滞っていた64卦384爻の解説と判断を書くことにしました。

★64卦384爻の解説と判断
●が卦辞、▲が爻辞、○は卦辞の解釈と判断、△は爻辞の解釈と判断です。

13.火天大有

●大有は、元いに亨る。
○占って大有の卦を得たら、願い事はかなう。

と、卦辞はいうが、実際には、初九と六五は、イマイチ。大有は、今が一番絶好調のとき、その持続する時間は短い。これ以降は、その好調が衰えていくことを覚悟して、少しでもそれを長引かせる努力をするか、落ち目になったときのことを考えて、次の手を打っておくのもよい。

▲初九 害に交わることなし。咎あるにあらず。艱むときは咎なし。
△大有の初めで、それほど多くを所有しているわけではないから、驕ることもなくて害にかかることはない。慎重にしていることが大事。今の状態に満足して、新しいことをしたり、欲を出さなければ無事。

▲九二 大車以て載す。往くところあり、咎なし。
△大きい車に重い荷物を積んでも車が頑丈だから大丈夫なように、大任に耐えられる。何をやっても心配なくやれる。

▲九三 公用て天子に亨す。小人は克わず。
△公侯が王に朝見して自国の産物を献上する。つまり、上位者の知遇を得て力を献ずる機会がある。小人はダメ。自分にそれなりの能力、力があるかを確かめてからやろう。

▲九四 その彭なるにあらず。咎なし。
△大有を傘に着ることがないので、失敗はない。時間はかかる。

▲六五 その孚あって交如たり威如たるときは、吉なり。
△誠意をもって交際し、しかも威厳があるならば、吉である。意外と番狂わせが多いので、期待は禁物。

▲上九 天よりこれを祐く。吉にして利あらざるなし。
△上位にあって下の者に謙遜であれば、天祐あって吉。天の助けがある。

|

« 猛暑?激暑? と からだ | トップページ | 水風井上六 »

64卦384爻の解説と判断」カテゴリの記事

コメント

ポロラルフローレン ダウンジャケット

投稿: 楽天 ラルフローレン ポロシャツ | 2013年11月 1日 (金) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑?激暑? と からだ | トップページ | 水風井上六 »